【胃腸・肝臓・腎臓・etc.。内臓は冷えると働きが悪くなる!】

【胃腸・肝臓・腎臓・etc.。内臓は冷えると働きが悪くなる!】


内臓が冷えると‥④内臓の働きが低下する


内臓温度の低下により血液の巡りが悪くなり、内臓の働きが悪くなります。病院に行っても病気が見つからないのに、何だか内臓の調子が思わしくない気がする方、内臓温度の低下が原因の可能性が高いですよ。


内臓が冷えて現れるのはこんな症状


胃が冷えると消化酵素の働きが弱くなり、胃もたれや消化不良を起こしやすくなり、肝臓が冷えれば解毒がうまくいかず、疲労感が強く出たり、アルコールに弱くなったり、顔色が悪くなったりします。腎臓が冷えると体水分の調節がうまくいかず、女性の大敵「むくみ」が出やすくなります。腸が冷えると栄養吸収が悪くなったり、便秘や下痢の原因になります。また腸は、脳や精神状態とも深い関係がありますがそれは次回の項でご説明します。


美容の大敵!


内臓が冷えることで「老廃物」が溜まりやすくなって吹き出物ができたり、栄養吸収不足による肌荒れやくすみ、シミ、目の下のクマやセルライトetc.、美容の大敵のオンパレードが待ち構えています。一生懸命美容液をつけたり、パックしたり、リンパマッサージを自分でやったりするぐらいなら、内臓の温度を上げるほうが自分の体の為になるでしょう。

教訓「内臓をあたためて、内臓の働きも美しさもUP!

 

次回は「うつ」についてのお話です。

過去記事1【原因不明の体の不調でお悩みの方は要注意!!内臓が冷えてませんか?

過去記事2【あなたのダイエット失敗は「内臓の冷え」が原因かも!?

過去記事3【なぜ、内臓温度が下がると免疫機能が低下してしまうのか?

過去記事4【自律神経失調かな?と思ったら内臓温度を疑え!

 

更新情報や耳より情報はこちらでチェック↓↓↓

全国冷え症研究所|信頼される治療院技術アカデミー

山口勝利オフィシャルフェイスブック

 

Recommended Posts
信頼される治療院技術アカデミー|全国冷え症研究所信頼される治療院技術アカデミー|全国冷え症研究所

Start typing and press Enter to search

IMG_435020130315033347-838-139_raw